忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

loss of memory〜third style

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロザリオとバンパイアのEDなんですがすんげーロザバンの内容とあってるし、自分な好きな曲のパターン。

さーって、ネクラカラーガーディアン/白緑黒の解説でもいい加減書きます、書こうと思ううちに書かないと次何時書く気になるかわからないので、、、

『ネクラカラーガーディアン/白緑黒』
 x 光波の守護者テルス・ルース
 x 曙の守護者パラ・オーレシス
 x 神託の守護者ミント・シュバール
4 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
 x 光器ペトローバ
 x 予言者マリエル
 x 光神龍スペル・デル・フィン
1 x 光神龍ダイヤモンド・グロリアス
 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
 x 母なる大地
 x フェアリー・ライフ
 x 魔刻の斬将オルゼキア
 x 凶星王ダーク・ヒドラ
 x ロスト・ソウル
 x 解体人形ジェニー
 x デーモン・ハンド
1 x スケルトン・バイス

第一印象は『青が無くて強いデッキ』、自分はこれでした。
DMで強くメタに入るデッキは大概のデッキに青のカードが投入されておりますが、このデッキはMDでは数少ない青が入っておらず、尚且つコントロール寄りのデッキなところが斬新です。
前回は『使用者が全くいない』『大会であまり試せてないので強さは未知数』等の理由がありましたので第2メタの扱いでしたが、現在はほぼトップメタに入ってもおかしくありません。

構築面でのアドバイスは…『各カードの枚数を中途半端にしないこと』かなぁ?
一部例外のカードが(制限を除く)2枚ほど入っておりますがそこはその枚数で回るので問題ないです。むしろ積み過ぎ事故の元

特にブースト、序盤4ターン目(出来れば3ターン目以内)以内1ブースト理想で尚且つミストリエス来なきゃ話にならないんだったら無駄なく山を削れば良い、落ちたのはしっかりと利用出来るカードがドラゴンと違い投入されているので後半手札無しのトップテック以外はどの場面でも強いと考えて大丈夫です。

ブロッカーの割合は削るやつは削る、確定枠は崩さない、これが大事ですね。
ランデス系列に相性悪くない理由はこまめなブーストと…もうここまで言えば分かりますよね?あのカードの枚数は、どのデッキにもほぼ腐らず並べて発展するカードとしても。

正直ロストソウルはお好みかもしれません、無難ならジェニー等でもかまわないと思います。ただ牙系統の此方事故、相手青銅→トリプル等のドロー連打の流れをジェニーでは止めきれないのでミストリエスが来ない時のための時間稼ぎや相手側への流れを断ち切るにはとても有効です。

因みに個人的には《ネクラカラーガーディアン》《ロマネカラードラゴン》《赤単速効》が現環境の第1メタだと思っております。
牙バジュラズ系統が自分の中から第一メタから外れてしまった理由は『第一メタのネクラやロマネドラゴンに分が悪い』のが一番の理由ですね。。。

ドラゴンのバジュラやインフィニティ、3ターンコッコルピアor2ターン目ブースト→3ターン目ブースト、最速4ターン7コスドラゴン…

ネクラの対処し難いミストリエス、何度も繰り返されるクリーチャーのループ…

明らかに牙系統の最高の周りをするより、この2つのデッキの最高の周りをする方が遥かに可能性も高く爆発力があります。勝負の決め手の半分ぐらいは(?)ランデスの牙バジュラズは、ランデスが刺さり辛いデッキには少し分が悪い点が今回は大分響いたと思います。

うーん、文章力ないから大学の課題である読書感想文1200文字以上がいまだに書けないのだろうなぁorz

『人に文字で説明するのは難しいけれど、口や実戦で説明させるのはさほど難しくはない』

要するに考える前に手にとって回してみるのが一番なんだよね、結局は。そこから自分なりに形を整えていくのが楽しいし使いやすいと思っています。

PR
←No.5No.4No.3No.2No.1→
ブログ内検索